太陽光発電って何!?

家の屋根に太陽電池を取り付ける事によって、太陽の光がそこにあたると電気が作られるシステムの事を、太陽光発電と言います。太陽光発電によって作られた電気は、家庭で使用する事が出来て、余った電気は電力会社に売る事が出来るんですよ。太陽の光さえ照っていれば、停電になったとしても電気を使用する事が出来るという事ですね。晴れの日の日中は発電の効果が最も高く、電力会社に売る電気も多くなりますが、曇りの日は発電の効果が低く、電力会社から電気を買う事になるという事なのですよ。

太陽光発電を設置するメリットとは?

太陽が照る事によって、停電時にも電気を使用する事が出来るため、環境にも経済的にも優しくなっています。太陽光発電とオール電化を組み合わせて使用する事によって、光熱費が大幅に削減出来る事になるんですよ。日中は太陽光発電で発電した電気を家庭で使用出来るため、電気代はかからないで余った電気を売る事が出来ます。そして夜は発電しないので、電力会社から電気を買う事になります。この時に、電気代のプランを夜間の電気代が安くなるプランを使用する事で、電気代を節約する事が出来るのですよ。

太陽光発電を設置するのにいくらかかるの?

太陽光発電システムはオーダーメイドであり、家の屋根の向きや面積や屋根の素材によって、システムや容量が変わってくるのですよ。費用の目安は、平成26年度の住宅のシステムの単価が1kWあたり40.5万円であり、太陽光発電の容量が4.90kWの場合で設置の費用が約200万円とされています。これらの費用の中には、機器の費用だけでなく、設置工事費た補助金の申し込み手続きやアフターフォローなどの諸費用などの費用も入っているのですよ。

家庭用蓄電池は導入することによって補助金を受けることができます。蓄電池の補助金の金額は、各商品や自治体によっても異なるので、注意が必要になります。

Categories: 未分類

Comments are closed.