自社施工であるかどうかを確認する

工務店の中には、工事の請負契約を結んだとはいえ、別の業者に丸投げし、手数料だけを取る悪質な業者も残念ながら存在します。こういった工務店を選ばないように、自社で工事を請け負って、最後まで責任ある施工を行ってもらえるかどうかを確認することは非常に重要です。工務店の担当者に、自社施工かどうかを聞き、施工現場を見せてもらうことも有効ですので、掛け合ってみましょう。現場見学の申し入れを快諾してもらえない場合は、工事や品質に自信がない可能性が高いでしょう。

管理能力があるかどうかを確認する

工務店は住宅に関わる多種多様な工種の職人さんを管理して、スムーズに工事を進める役割があるため、高い管理能力が求められます。管理が悪いと工事の品質にも関係し、最悪の場合は欠陥住宅となるケースもあるため、管理能力は特に重視して工務店を選ぶことが大切です。工務店の管理能力を測るには、工事現場での整理整頓が出来ているかどうかを確認することで、ある程度の管理状態を確認することができます。また、工事現場の監督が現場を訪れる頻度についても、工務店の管理体制に関係するため、よく確認しておきましょう。

対応力があるかどうかを確認する

良い工務店は、建築主の要望を最優先して、顧客満足を追求してくれます。打ち合わせの段階から建築主の要望をよく聞き取り、図面や工事現場に反映できるように努めてもらえる工務店に依頼することが望ましいでしょう。満足のいく家づくりを実現するためには、設計途中や工事中の変更は付き物ですので、細かい変更内容にも柔軟に対応してくれる工務店が欠かせません。建築主と同じくらい理想の家づくりに積極的になってくれる工務店が理想となります。

マイホームの施工先としては、ハウスメーカーが第一に思い浮かぶところですが、設計の自由度は工務店に軍配があがります。特殊な工法を採用していないため、コストも安く設計時の制約が少ないのです。低予算で理想を実現したい場合に最適です。

Categories: 未分類

Comments are closed.