代理店は数字を伸ばしてこそ運営できる

基本的にどこの会社でもそうなのですが、取り扱っている様々な商材を消費者に売ることで予算を得て、組織を運営することができます。それは代理店も同じなのですが、普通の会社と異なるのは、自社オリジナルの商品を取り扱っているわけではないということです。基本的に代理店契約を結んだ会社から製品やサービスを代理で売る権利を得て、それを売ることによって一定のマージンを取得することになります。それが代理店の売上となり、利益となるのです。

基本的には営業がメイン

代理店は取り扱う商材を売ってこそ利益を得ることができるのであり、つまりは営業がメインになります。自社でオリジナルの製品を生産して販売しているのではないので、製造部門はありません。売れば売るだけ得ることができるマージンも増加し、それが直接的な利益につながりますので、とにかく売らなければならないのです。営業部門が中心となって、それをサポートする様々な部署が存在し、組織として運営していくことになります。

ライバルの代理店に勝つために

代理店にもライバルはいます。それは似たジャンルの製品を取り扱っている会社であったり、もしくは同じ会社と代理店契約を結んでいる会社です。とはいえ代理店は契約を結んでいる会社から営業や販売において制限を設けられている場合があり、例えば割引サービスなどができない場合があります。そうした制限の範囲内で工夫をすることで他社と差別化をしなければならないのです。そうした工夫を怠ってしまいますと売上が伸びずに会社として存続することができなくなってしまいます。

業務委託とは、必要な仕事を社員にやらせるのではなくて、外部の専門家などにやらせることです。社員数削減に役立つことです。

Categories: 未分類

Comments are closed.