看板はお店に欠かせない顔

看板といえばお店の名前を大きく描き、見る人にお店の存在を認知させるためにあります。ですが、ただただお店がその場にあることをアピールするだけでは集客は望めません。そもそも看板に必要な要素とは、お店の名前、そのお店で何を取り扱っているのか、どのようなサービスを行なっているのかなどであり、それらが一目で瞬時に理解できるようでなければなりません。道行く人たちは、よほどのことがない限り立ち止まって看板を読むことはないからです。

ただただ目立てば良いわけではない

看板に派手さは必要ではありますが、ただただ派手であればいいというわけではありません。そもそも地味で目立たない看板では意味がないのですが、派手過ぎると街並みに馴染んでいなかったり、逆にお客さんが足踏みしてしまう場合もあります。周囲に馴染むことも重要になるのです。そのため街並みを考慮することもそうですが、建物の外観や取り扱う商品やサービスなどを加味した上で、どの程度目立たせていくのかを考えていかなければなりません。

一目で理解できるようにする

通行人は看板をほとんど読みません。立ち止まって読む人は稀であり、そのために瞬時に何を取り扱うお店であるのかを理解させなければならないのです。世間的に有名であったり、チェーン店であれば一目見るだけで理解が可能な場合もありますが、小さな個人店となりますとそうもいきません。文字数は少なければ少ないだけ良いというわけではありませんが、長すぎては素通りされてしまう可能性は上がってしまいますので、注意をする必要があります。

据え置き型の看板は路上に置くことが多いので人目に付きやすく、宣伝効果が高い利点があります。その一方で盗難の被害や強風による損傷に見舞われる危険性もあるので安全管理を徹底することが大切です。

Categories: 未分類

Comments are closed.